テーマ:科学

マグニチュード

ある学者が マグニチュードが0.2あがるとエネルギーが2倍になるから +0.8なので16倍といっていたがその中身を検証する。 0.2 → 2倍 0.8 → 16倍 2^(0.8/0.2)=16 ということか? 低をXとして計算すると X^0.2=2 log(X^0.2)=log(2) 0.2*log(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話題の小惑星 2012DA14

「小惑星の軌道構成要素から位置を計算」を使って 最接近時(JST 2013/2/16 4:24)の位置を計算してみた 元期 2013/4/18 平均近点角(M) 231.03 近日点引数(ω) 195.6 昇交点黄経(Ω) 146.99582 軌道傾斜角(i) 11.6067 離心率(e) 0.0896 日々運動量 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既日食

11月14日皆既日食 at Cairns 天体ショーへようこそ! ?日食、月食、流れ星……105年に一度の天文現象のラッシュ!! (別冊宝島) (別冊宝島 1850 スタディー)宝島社ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金星食

2012/8/14 3:00ごろ金星食 2012/8/14 2:40 254.135 12.272 254.097 12.548 0.038 -0.276 0.278604 2012/8/14 2:45 254.802 13.25 254.74 13.494 0.062 -0.244 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準天頂衛星「みちびき」の軌跡計算

準天頂衛星がおもしろい。 人工衛星から見るとただ楕円軌道を移動しているだけなのに 公転周期が静止衛星と同じだということで、 地上へ軌跡が、変形した「8の字」を描く。 みちびきの軌道構成要素から軌跡を計算してみた。 Orbital Inclination: 40.7° Eccentricity: 0.076 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双曲線軌道彗星の軌道構成要素から位置を計算

平均近点角(M)の計算   近日点通過日:T0 平均日々運動量:n から   M=n×(t-T0)   t:時刻 離心近点角(F)の計算   ケプラーの方程式:M=e×sinh(F)-Fを解く   F=の形にはできないので次の方法をとる    F0=M/(e-1)           M-e×sinh(Fn-1)+Fn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小惑星の軌道構成要素から位置を計算

平均近点角(M)の計算   元期:Ep0の平均近点角:M0 平均日々運動量:n から   M=M0+n×(t-Ep0) 離心近点角(E)の計算   ケプラーの方程式:M=E-e×sin(E)を解く   E=の形にはできないので次の方法をとる    E0=M    En=M+e×sin(En-1)    En-En-1が十…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

天文年鑑 2012年版

小惑星の軌道要素から赤経・赤緯を計算しようと天文年鑑を参照し計算したが合わないので、自分で計算したところ、以下の誤りがあることが判明 天文年鑑 2012年版 ISBN978-4-416-21130-4 P.199 Qz=[-sin(ω)sin(Ω)+cos(ω)cos(Ω)cos(i)]sin(ε)-cos(ω)sin(i)cos(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金星の動き

金星の会合周期は583.9日なので5年間をトレースしてみた。 私はアセンションした惑星からきた?金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー)徳間書店オムネク オネクユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水星の動き

水星は太陽の近くで小さく見えにくいが軌道を計算すると太陽回りで面白い動きをする。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宇宙速度

第一宇宙速度 地表すれすれの人工衛星になるための速度 遠心力と重力がつり合うので mv2/R=GmM/R2 v=√2GM/R 地球の場合7.91km/sになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春

今日2月4日は立春、太陽が黄経315°の位置にきたことを示す。あと45°で春分
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

地平座標変換

天体の位置情報(赤経α、赤緯δ)、時刻、観測場所(経度λ、緯度φ)から望遠鏡の向き(高度、方向)を得る変換 経度0°の恒星時を得るこれをΘとする。(世界時0時の恒星時表から得られるΘ0に時刻(T-9)を加える) 観測場所の経度をλ、天体の赤経αとすると 観測場所の恒星時はΘ0+(T-9)+λ 天体の時角はΘ0+(T-9)+λ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more