DRBDをFedora31に設定してみた

DRBD(DistributedReplicatedBlockDevice)をFedoraで使ってみた。

>dnf install drbd
Downloading Packages:
(1/3): drbd-udev-9.5.0-3.fc31.x86_64.rpm 73 kB/s | 8.1 kB 00:00
(2/3): drbd-9.5.0-3.fc31.x86_64.rpm 148 kB/s | 18 kB 00:00
(3/3): drbd-utils-9.5.0-3.fc31.x86_64.rpm 3.4 MB/s | 721 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total 602 kB/s | 747 kB 00:01

ミラー化するボリュームはLVMでlvolを作成

/etc/drbd.d/r0.resを作成

メタディスクを作成
>drbdadm create-md r0

drbd起動
>drbdadm up r0
Command 'drbdsetup-84 new-resource r0' terminated with exit code 20
あれ?動かない
どうやらdrbdsetup-84というコマンドを動かしているらしい。
drbd-utilsがinstallされたのにおかしい?

drbdsetup ---> drbdsetup-84のシンボリックリンクを作成してもエラーになるので
自分でコンパイルしてみた

wget https://www.linbit.com/downloads/drbd/utils/drbd-utils-9.11.0.tar.gz
tar zxvf drbd-utils-9.11.0.tar.gz
cd drbd-utils-9.11.0/
dnf install flex po4a
./configure
cd user/v84
make
cp -p drbdsetup-84 /sbin

動いた

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント